antenna* User Data
最新のデータを見る
※毎月1日、15日に最新データを更新
antenna* だからこそ取得できるデータは
様々なシーンで活用されています
衣・食・住・おでかけ等の「ライフスタイル領域」に特化しコンテンツを配信し続けているantenna* のデータは、様々な企業、媒体社にご活用いただいています。antenna* では各ユーザーの記事閲覧状況を踏まえ、ユーザーごとにパーソナライズされたコンテンツを配信。それにより、「今求められているコンテンツ」が把握できるデータを取得することができます。
  • ライフスタイル

    領域に特化した

    トレンドの把握

  • 企業の

    マーケティング

    データの取得

  • メディアの

    コンテンツ設計

    のサポート

what’s “antenna* User Data” ?
antenna* で配信中の各種記事を以下の 24 のセグメント(ジャンル)に分けて、記事閲覧者のデータを独自で集計・分析しています(※)。
特定のジャンルや特定のトピックに絞り込み、記事閲覧ユーザーの様々な傾向をウオッチすることなどが可能です。
※個人を特定する情報は取得しておりません。


data 01
24セグメントの記事PV分布割合(月次)
セグメント毎の記事PV数が全体PV数に占める割合をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2021年10月14日>

2020年1月1日からの累計記事PV分布は上記の通り。

年間の累積のため前回(半月前)から大きな変化はないが、「お金」が微増、「おでかけスポット」が微減している。

data 02
24セグメントの記事PV増減差分

2020年1月1日時点のantenna* での記事閲覧数を基点とし、そこからの記事接触状況の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2021年10月14日>

9月後半から「ヘルスケア」が減少。一方「ダイエット」「男性ファッション」が伸びている。

「おでかけスポット」も若干ではあるが増加の傾向が続いており、秋が深まる今の世の中の「気分」を反映しているものと思われる。

data 03
24セグメントの記事閲覧数 1年前との比較

指定期間のantenna* 記事閲覧平均数値と1年前の同期間のantenna* 記事閲覧平均数値を比較。セグメント毎の値の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年9月15日-2020年10月14日/2021年9月15日-2021年10月14日>

昨年同時期と比べ、男女ともにファッションが増加。そのほか「家事」「料理する人」「カフェ好き」などが伸びている。

一方で「ヘルスケア」は昨年に比べ大きく減少しており、ユーザーの心境の変化を物語っている。

from antenna*
編集部による分析と解説
2021.10.15

秋到来、ユーザーの興味関心にも変化の兆し

残暑が長く続きながらも、徐々に秋らしい空気も感じられるようになってきた10月前半。緊急事態宣言の解除もあり、コロナ禍を背景にユーザーの関心を引き続ける「ヘルスケア」への興味は多少落ち着いてきた模様で、ファッション関連ジャンルや「おでかけスポット」にユーザーの視線が集まっていることが伺える。まだまだ旅行などについては及び腰のところも見えるが、今後「Go Toトラベル」などの政策がどのような変化につながっていくのかに注目です。
(antenna* 編集長 小川智宏)