antenna* User Data
最新のデータを見る
※毎月1日、15日に最新データを更新
antenna* だからこそ取得できるデータは
様々なシーンで活用されています
衣・食・住・おでかけ等の「ライフスタイル領域」に特化しコンテンツを配信し続けているantenna* のデータは、様々な企業、媒体社にご活用いただいています。antenna* では各ユーザーの記事閲覧状況を踏まえ、ユーザーごとにパーソナライズされたコンテンツを配信。それにより、「今求められているコンテンツ」が把握できるデータを取得することができます。
  • ライフスタイル

    領域に特化した

    トレンドの把握

  • 企業の

    マーケティング

    データの取得

  • メディアの

    コンテンツ設計

    のサポート

what’s “antenna* User Data” ?
antenna* で配信中の各種記事を以下の 24 のセグメント(ジャンル)に分けて、記事閲覧者のデータを独自で集計・分析しています(※)。
特定のジャンルや特定のトピックに絞り込み、記事閲覧ユーザーの様々な傾向をウオッチすることなどが可能です。
※個人を特定する情報は取得しておりません。


data 01
24セグメントの記事PV分布割合(月次)
セグメント毎の記事PV数が全体PV数に占める割合をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2021年4月14日>

2020年1月1日から16.5カ月間の記事PV分布の推移は上記の通り。

前回(半月前)から大きな動きはないが、antenna* の大幅なリニューアル(チャンネル構成変更)の影響が今後どのように出てくるか注視。

data 02
24セグメントの記事PV増減差分

2020年1月1日時点のantenna* での記事閲覧数を基点とし、そこからの記事接触状況の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2021年4月14日>

ヘルスケアジャンル(感染対策、免疫力など)は4月に入り再び下落傾向に。

2020年末から上昇トレンドが続いてきた「男性ファッション」も下落に転じた。これは昨年も同様の動きであり、春物への関心が一定程度満たされたことを示唆している。

「おでかけスポット」がここに来て上昇。GWを前に外出への欲求が高まっているものと思われる。

data 03
24セグメントの記事閲覧数 1年前との比較

指定期間のantenna* 記事閲覧平均数値と1年前の同期間のantenna* 記事閲覧平均数値を比較。セグメント毎の値の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年3月16日-2020年4月14日/2021年3月16日-2021年4月14日>

ファッションジャンルのプラス傾向は継続。

ヘルスケアジャンルは前回に続き昨年同時期比でマイナスになっている。1年前の4月上旬はまさに緊急事態宣言真っ只中であった。

そのほか、占いジャンルが昨年比でプラスに転じている。

from antenna*
編集部による分析と解説
2021.4.15

緊急事態宣言解除とともに、おでかけジャンルに再び注目。

昨年の同時期はまさに最初の緊急事態宣言真っ只中だったこともあり、ヘルスケアジャンル(感染対策など)のPVは3月に続き昨年比で大きくマイナスに。その推移をみても、3月下旬から若干の減少に転じていることがわかります。

一方で2021年初頭から減少傾向が続いていたおでかけジャンルのPVが4月に入り増加。本格化してきた春の暖かさに加え、緊急事態宣言が解除されたことによる解放感、大型連休を前にしたユーザーの気分が反映されています。

引き続きコロナ禍の不安定な情勢は続きますが、その中でも徐々に外向きのマインドにシフトしてきているようです。

(antenna* 編集長・小川智宏)