antenna* User Data
最新のデータを見る
※毎月1日、15日に最新データを更新
antenna* だからこそ取得できるデータは
様々なシーンで活用されています
衣・食・住・おでかけ等の「ライフスタイル領域」に特化しコンテンツを配信し続けているantenna* のデータは、様々な企業、媒体社にご活用いただいています。antenna* では各ユーザーの記事閲覧状況を踏まえ、ユーザーごとにパーソナライズされたコンテンツを配信。それにより、「今求められているコンテンツ」が把握できるデータを取得することができます。
  • ライフスタイル

    領域に特化した

    トレンドの把握

  • 企業の

    マーケティング

    データの取得

  • メディアの

    コンテンツ設計

    のサポート

what’s “antenna* User Data” ?
antenna* で配信中の各種記事を以下の 24 のセグメント(ジャンル)に分けて、記事閲覧者のデータを独自で集計・分析しています(※)。
特定のジャンルや特定のトピックに絞り込み、記事閲覧ユーザーの様々な傾向をウオッチすることなどが可能です。
※個人を特定する情報は取得しておりません。


data 01
24セグメントの記事PV分布割合(月次)
セグメント毎の記事PV数が全体PV数に占める割合をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2022年1月14日>

2020年1月1日からの累計記事PV分布は上記の通り。

年間の累積のため前回から大きな変化はないが、「ダイエット」「男性ファッション」が若干増加している。

data 02
24セグメントの記事PV増減差分

2020年1月1日時点のantenna* での記事閲覧数を基点とし、そこからの記事接触状況の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年1月1日-2022年1月14日>

前回(半月前)に若干減少していた「おでかけスポット」が再び微増。

一方、年末にかけて増加していた「男性ファッション」も引き続き高い水準をキープ。

data 03
24セグメントの記事閲覧数 1年前との比較

指定期間のantenna* 記事閲覧平均数値と1年前の同期間のantenna* 記事閲覧平均数値を比較。セグメント毎の値の増減をグラフ化したもの

<集計期間:2020年12月16日-2021年1月14日/2021年12月16日-2022年1月14日>

昨年同時期との比較で、「男性ファッション」「家事」が伸長。

年末年始にかけて休みが多かったこと、そして昨年に比べ男性の消費欲求が大きくなったことが影響していると思われる。

from antenna*
編集部による分析と解説
2022.1.17

2022年の幕開け、消費者の欲求に変化は?

引き続き猛威を振るうオミクロン株の影響もあってか、各セグメントの動きは鈍化。ただその中でも、年始にかけて「おでかけスポット」は若干増加傾向が見られた。また「男性ファッション」が前回以降伸びていることからも、消費者(特に男性)の消費欲求が少しずつ盛り上がっていることが伺える。引き続きコロナの状況は予断を許さないが、春に向けてどのような変化が生じていくのか注目したい。
(antenna* 編集長 小川 智宏)