2016.01.12 プレスリリース

全国14空港(25ヶ所)の「ANAラウンジ」で
コンテンツ配信を開始

株式会社グライダーアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO : 杉本哲哉) が運営するキュレーションマガジンantenna*[アンテナ](以下antenna*)は、全日本空輸株式会社(本社:東京都港区東新橋、代表取締役社長:篠辺 修、以下 ANA)と日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)が全国14空港(25カ所)のANAラウンジで展開する「ANAデジタルコンテンツサービス」と提携し、2016年1月13日(水)よりANAラウンジ内にてコンテンツ配信を開始することをお知らせします。コンテンツ配信は、ANAラウンジ専用サイトantenna*「ANA < > antenna*」を通じて行われます。

ANAラウンジ

rounge

・国際線ラウンジ:羽田、成田、関西
・国内線ラウンジ:羽田、成田、札幌(千歳)、仙台、小松、関西、岡山、松山、広島、福岡、熊本、鹿児島、沖縄(那覇)、伊丹

◼︎提携の背景
出発前にお客様が利用できるANAラウンジでは、日本ユニシスが提供する「ANA デジタルコンテンツサービス」(※)を通じて、さまざまなデジタルコンテンツを配信しています。ラウンジ内で利用できる無線LAN(無料)に接続すると、自動的に「ANAデジタルコンテンツサービス」のトップページに遷移し、新聞や電子書籍などのコンテンツを楽しむことが可能です。
ANAラウンジは多くのビジネスパーソンが利用することから、これまで主にビジネス・経済といったコンテンツを中心に配信してきましたが、より多くのお客様に楽しんでいただけるよう、antenna* とサービス提携し、ライフスタイル・コンテンツの大幅拡充を図ることとなりました。

◼︎サービス概要
antenna* は「上質なオフタイム」を提供するキュレーションサービスとして、出版社や新聞、テレビ、ラジオといった約250の厳選されたメディアから、質の高いコンテンツを毎日1000以上配信しています。本提携に際し、antenna*はANAラウンジ専用のサイト「ANA < > antenna*」構築し、利用者にとってより使いやすいサービスを目指しました。具体的には、配信メディアとコンテンツをラウンジ属性者に合わせてカスタマイズしているほか、通常サービスに比べて機能をよりシンプルにし、出発前という限られた時間の中で、効率よくコンテンツを楽しめる空間を実現しています。

ANA<>antenna*(PC版ページ)
capture_anaantenna

 

※ANAデジタルコンテンツサービス
「ANAデジタルコンテンツサービス」は、ANA の空港ラウンジ内で、お客様ご自身のパソコンやスマートフォン、タブレット端末などで、ANA のお客様に向けたオリジナルのコンテンツをお楽しみいただくサービスです。本サービスは、日本ユニシスの「LoMeS®」(Location-based Media Service)の概念に基づき、「特定の場所」で、「限られたセグメントの人たち(特定のお客様)」に、「特別な情報やサービス」を提供するためのプラットフォームサービスを利用して提供しています。

ana_capture_2

 

日本ユニシス株式会社について
1958年3月設立。日本ユニシスグループは、専門技術・ノウハウを有するグループ各社がシームレスに連携し、お客さまの事業戦略に合わせたICTサービスをさまざまな業界に提供しています。金融、製造、流通、社会公共など幅広い分野における実績と業種横断的なノウハウを駆使し、経営革新や事業戦略などの上流提案からコンサルティング、システム設計・構築、アウトソーシング、運用・保守サービスまでの一貫したICTサービスを提供することにより、お客さまの経営課題を適切に解決していけるパートナーを目指しています。

◼︎ご利用方法
ラウンジの無線LANサービスにお手持ちのスマートフォン、タブレット端末で接続すると、ラウンジ内のポータルサイト「ANAデジタルコンテンツサービス」のトップページが自動的に表示されます。

トップページに設けられた「ANA < > antenna*」もしくはコンテンツへの導線から、antenna*に配信されているコンテンツを楽しむことができます。
※専用端末の用意や会員登録、アプリダウンロードは必要ございません。

遷移イメージ(PC版ページ)   
ANA_antenna

 

 

今後も当社は『ターミナルofメディア』として、500万ユーザーへ高品質なメディア・コンテンツとの出会いの場を提供してゆきます。

 

以上

  • Twitter
  • Facebook

同カテゴリ最新記事